百川学海(ひゃくせん がっかい)

山を見るだけで動かない丘ではなく、海をめざし流れる川になろう。・・・だけど海は遠すぎる(しくしく)

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

海の向こうの白兎さん その6 修正再び

本日の一日一絵

以前修正した「その6」を、また修正してみました。

6修正2

画用紙的には、もう既に、修正出来る範疇を超えていて、
別の画用紙に描き直そうかと思ったのですが、
修正を重ねて、やっとここまでたどり着いた事を考えると、
一から描き直しというのがためらわれ・・・
結局、無理矢理、力技で修正してみました。
目のあたりとか、もう紙、ぼろぼろです。もう少しで穴が空きそうです。
あまり見ていると、また描き直したくなるので、あまり見ないようにしようかと。
顔の輪郭を掴むのが難しいです。
あと、目鼻の位置とか、ちゃんとアタリを付けてから描けば良いのに、
なんか、いつも、いきなり描いちゃうんですよね。
で、修正しながら近づけていくので、出来上がる頃には紙がぼろぼろに・・・
あまり大きな画面では見て貰いたくない状態になってしまいます。
この欠点、わかっているんだけど直せないんですよね、性格的なものなんだな。

あと、2枚描く予定だったんですが、力尽きたんで、これで終了にしようかと思います。
スライドショー、絵を描きながら作っていたんで、ほぼ完成しているんですが、
まだまだ修正を始めちゃいそうな予感。
スポンサーサイト

テーマ : イラスト    ジャンル : 学問・文化・芸術

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 11 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archive  RSS

 
 
プロフィール

森野水月(もりのみずつき)

Author:森野水月(もりのみずつき)
絵が描けないのに漫画を描こうと思い立った森野が、へこたれながら絵の練習をするうち、何故か鉛筆画にはまってしまって、いろいろ素材を見つけては模写しまくる今日この頃。
ちなみに漫画は、まったく上手くなりません。

 
 
森野水月がらくた置き場
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ここに登録しています
ランキングは不参加ですが・・・
 
 
 
全記事表示リンク
 
 
検索フォーム
 
 
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。