百川学海(ひゃくせん がっかい)

山を見るだけで動かない丘ではなく、海をめざし流れる川になろう。・・・だけど海は遠すぎる(しくしく)

 

 

Almahについて(1枚目のアルバムのライブ編)

Almahについて(アルバム編)でも書きましたが、Almah最初のアルバムとされる「Almah」は、
当時Angraに所属していたエドゥがゲストを招いて作ったソロアルバムなので、
アルバムのライブをしようと思ってもバンドが有りません。
で、まず、2006年、プロモーション用に、エドゥがAngraに入る前に所属していたSymbols(既に解散)の
元メンバーでライブを行いました。
 ギター Demian Tiguez
 ドラムス Adriano Daga
 ベース Tito Falaschi (エドゥの弟)

かなりユニークなカメラワーク(?)ですが、ライブ映像が有ったので・・・


隣りにいるのは、弟のTitoですね。
(この撮影者、他のメンバー無視でファラスキ兄弟ばかり撮って、子どもの学芸会撮ってる親状態です。
もちろん、あのギターソロは映っているエドゥではなくDemian Tiguezです)
ちなみに、EduもTitoも「Falaschi」を名乗っているので本名だと思っていたら、芸名なんですよ。
エドゥの本名は、Eduardo Teixeira da Fonseca Vasconcellos だそうで。長い!
ブラジルの人の名前は、ファーストネーム・ミドルネーム・母方の姓・父方の姓らしいです。
通常は、途中を省略しているみたいですね。

まぁ、このバンド、中身はSymbolsなんで、Symbolsの曲も。
音も映像もアレなんですが・・・


2007年になるとバンドを組んでツアーに出ます。
 ドラムス Aquiles Priester(Angra)
 ベース Felipe Andreoli(Angra)
 キーボード  Fabio Laguna(Angraサポートメンバー)
 ギター Edu Ardanuy (Dr. Sin)2回のみ
 ギター Marcelo Barbosa (Khallice) 9/7以降参加

その時のライブ映像。せっかくなんで同じ曲で(この曲、好きなんですよ!)


ちなみに、この曲もやってます。


何故か、AlmahのAngra Coverというより、ラファエルさんサボり?としか思えない・・・

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 09 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive  RSS

 
 
プロフィール

森野水月(もりのみずつき)

Author:森野水月(もりのみずつき)
絵が描けないのに漫画を描こうと思い立った森野が、へこたれながら絵の練習をするうち、何故か鉛筆画にはまってしまって、いろいろ素材を見つけては模写しまくる今日この頃。
ちなみに漫画は、まったく上手くなりません。

 
 
森野水月がらくた置き場
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ここに登録しています
ランキングは不参加ですが・・・
 
 
 
全記事表示リンク
 
 
検索フォーム
 
 
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.