百川学海(ひゃくせん がっかい)

山を見るだけで動かない丘ではなく、海をめざし流れる川になろう。・・・だけど海は遠すぎる(しくしく)

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

ありふれた存在でいいのかしら? その3

本日の一日一絵  なかなか毎日は描けませんね・・・

前回に引き続き、その3です。

3_20161112204400e50.png

その2で、服まで描き込んだら散漫な印象になってしまったんで、
人物以外は わざと 雑に描いてみました。
本当は、腕毛がわさわさ生えているので、一本ずつ描き込みたかったんですが、
涙を呑んでやめておきました。
腕毛は描きたいのに、髪の毛描くのは面倒くさいというのは、どういう事なんだろう。
同じ毛でありながら、これは差別なのではないか、と反省しつつ、今回はあっさり終了してみました。
スポンサーサイト

テーマ : イラスト    ジャンル : 学問・文化・芸術

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 11 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archive  RSS

 
 
プロフィール

森野水月(もりのみずつき)

Author:森野水月(もりのみずつき)
絵が描けないのに漫画を描こうと思い立った森野が、へこたれながら絵の練習をするうち、何故か鉛筆画にはまってしまって、いろいろ素材を見つけては模写しまくる今日この頃。
ちなみに漫画は、まったく上手くなりません。

 
 
森野水月がらくた置き場
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ここに登録しています
ランキングは不参加ですが・・・
 
 
 
全記事表示リンク
 
 
検索フォーム
 
 
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。