百川学海(ひゃくせん がっかい)

山を見るだけで動かない丘ではなく、海をめざし流れる川になろう。・・・だけど海は遠すぎる(しくしく)

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

謝辞の陰にドラマあり・・・ その1 エドゥの過ち

よくアルバムのブックレットの最後の方に、謝辞が載っていますよね。
「誰それさんに感謝します」みたいなやつ。
普段はそういうの全然見ないんですが(ブックレット自体もろくに見ない)、
うっかり見てしまったために、ひどい目にあってしまいました。
なんかもうすっごく嫌な気持ちなんで、
うっかりこれを見た人も嫌な気持ちになれば良いな、という事で、書いてみます。 ←ひどい!

※注意※この文章には、人を嫌な気持ちにさせる内容が含まれています。
特に、Angra、Almah、Eduのファンの方は、くれぐれも見ないように!
いいですか、忠告しましたからねっ!
あ、こら、見ちゃダメだってば・・・

まぁ、一応、追記にしときますね(・∀-`; )
ことのおこりは、Almahのアルバム『UNFOLD』のブックレットの最後の「THANKS TO」の
Eduの項目を見てしまったことで。
Thanks to my wife Vivian and all Cabrini's family! で始まるわけですが、なんか違和感が。
あれ?奥さん、Vivian Cabrini?
名前なんか知らないはずなのに、なんか引っかかって。
いろいろな事で突然スイッチが入る性格が災いして、つい調べちゃったんです。

で、やっぱり『REBIRTH』(2001年)『Temple of Shadows』(2004年)
『ALMAh』『Aurora Consurgens』(2006年)までは、Camila T. Vittoratoでした。

ちなみに、この方ですかね?(なんでこういうものを見つけるのか、もう「動物的勘」としか・・・)


で、『FRAGILE EQUALITY』(2008年)になると
My sweety angels Camila and Mikaela になります。お子さんが産まれたんですね。

ところが、『AQUA』(2010年)になると・・・
それまでは、Camilaで始まっていたのが、友人の名前の列挙で始まって、
で、Camilaさんの実家のVittorato家への感謝の言葉になります。
「良い時も悪い時も常に多くの愛情をかけてくださったVittorato家の皆さまに
特別な感謝を捧げます。これからもずっと皆さんのことを思っています。
特にCamila、あなたの献身と私の人生最高の贈り物をくれた事に感謝します。
Cablini家の皆さま、皆さんの愛情と、特にVivian、あなたの友情と支えに感謝します。」
で、自分の家族への感謝の言葉のあと、
「私の小さなプリンセス、最愛の娘Mikaela、パパはお前を愛しているよ!」
と、来るわけで・・・

???

最初、Camilaさん、亡くなったのかと思いました。
で、辛い時に親身に支えてくれたVivianと後に再婚することになるのかと。

でも、よく考えると、奥さん亡くなって、こんなあっさりって事は無いよな、と思い直し。
 
って事は、これって・・・  もしかして・・・

略奪愛 ってやつ?

とりあえず、2009年10月16日までは結婚指輪が有りますが、


2009年12月20日になるとたくさん指輪をしてますが、結婚指輪は消えています。


長くなるので、別記事で紹介しようと思いますが、実は、2009年は、すごく声が出ているんです。
で、この後、腹が出て声が出なくなるわけですが、12月20日は声は出ているけれど
腹も出始めているような・・・(結婚指輪をはずすと腹が出る仕様なんだろうか)

2008年には、あんな謝辞で、2009年にこんな事になるなんて、分からないものですね・・・

2010年の映像。冒頭にMikaelaちゃんの姿が・・・

ほのぼのした家族風景のように捉えられているけれど、実際には、
久しぶりのパパのそばから離れたくないと駄々をこねていたのかも。

さて、『MOTION』(2011年)になると、いつもならいろいろな名前を挙げて長々書いているのに、
「私のインスピレーション、私の人生、私の酸素、最愛の娘Mikaela、
愛する親戚、友人、パートナー、バンドメンバー、ファン、みんな大好きだよ!」←短かっ!

2012年のMikaelaちゃん。


で、↑2012年7月12日に右手にあった指輪が、12月23日には左手に↓


↑Symbolsの15周年記念ライブです(長くなるので別記事で)。

で、冒頭の『UNFOLD』(2013年)になるわけですが、もちろん最後に、
「私の宝物、プリンセスMikaela」を付け加えて、「みんな大好きだよ!」になるわけです。
「Vittorato家の皆さん」は出てくるけど、さすがにCamilaさんの名前は無いです。

『E.V.O』(2016年)では、「最愛の妻 Vivian Cabrini、最愛の娘 Mikaera Falaschi、」 
で始まるんですが、これはどういう事なのか・・・
Mikaelaちゃんを引き取って3人で幸せに暮らしていますって事?
それとも、Camilaさんが再婚したらMikaelaちゃんとの縁が切れるのではと焦っているとか?

ちなみに、Vivianさんのインスタグラムのようですが、うわぁ・・・いかにもな人ですね。
Mikaelaちゃんも写っています。あと、Eduの弟Tito夫妻とか。
Eduは、12月のライブ映像だとポヨンポヨンなんですが、いつの写真なんだろう。

CamilaさんのFacebookは、もう閉じちゃってるみたいですね。
まぁ、生存は確認出来た・・・んだろうな。

なんか、Camilaさんに同情しちゃって、
EduとVivian、このサイテー野郎ども(Vivianは野郎じゃないが)って感じで
すごく嫌な気分なんですが・・・
どうです?嫌な気分になれました?

それとも、世間的には、別にどうってことないのかな・・・

え?もしかして、これって、皆、とっくに知ってる話?
いやぁ、2016年7月になって初めてAngraを知った新参者なんで、
全然知らなくて、今頃盛大に嫌な気持ちになっています。

まぁ、奥さんポイ捨て愛人(現妻)に乗り換え後、エドゥはものすごく劣化して落ちぶれていくんで、
神様、良い仕事してますな、って事で、ちょっと溜飲を下げているわけですが。

とりあえず、その2に続く。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 11 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archive  RSS

 
 
プロフィール

森野水月(もりのみずつき)

Author:森野水月(もりのみずつき)
絵が描けないのに漫画を描こうと思い立った森野が、へこたれながら絵の練習をするうち、何故か鉛筆画にはまってしまって、いろいろ素材を見つけては模写しまくる今日この頃。
ちなみに漫画は、まったく上手くなりません。

 
 
森野水月がらくた置き場
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ここに登録しています
ランキングは不参加ですが・・・
 
 
 
全記事表示リンク
 
 
検索フォーム
 
 
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。