百川学海(ひゃくせん がっかい)

山を見るだけで動かない丘ではなく、海をめざし流れる川になろう。・・・だけど海は遠すぎる(しくしく)

 

 

Edu破滅へのカウントダウン その1

元Angra現AlmahのVo.のEduについていろいろテキトーに書いてきまして、
まだまだいろいろ書きたい事が山ほど有るのですが、
きちんと書こうとするとなかなか書けません。
いろいろ見ていくうちに初めとは認識の変わった部分も多々ある事だし、
いつか時系列できちんとまとめてみる(予定)、という事で、
今は、テキトーに思いつくまま書き散らしてしまう事にしました。

まず、「初めとは認識の変わった部分」という事なんですが、初めは、
「Angraが、たぐいまれな美声の持ち主である天才歌手Eduを潰した」
と思っていたのですが、今は、
「Eduが、たぐいまれな可能性を秘めた不可出のバンドAngraを潰した」
という認識に変わりました。

Eduは、声が出なくなった事に関して「逆流性食道炎」によるものと言い張っていますが、
私は違うと思っています。
この辺は、そのうち、根拠を示すリンクを貼りながら、くどくど書いていきたいと思いますが、
今は結論だけ書いてしまいます。

始まりは、咽喉の酷使により高音域が出なくなった事で、これに関しては、
Angraのリバースツアーがハードスケジュール過ぎたからだと思うので、
Angraのせいとも言えますが、その後、回復させるための時間も機会も十分に有ったのに、
治療もせずソロ活動しまくって悪化させたのは、あくまで本人なので。
結果、Angraが更に飛躍する機会をぶち壊すこととなってしまいました。

ただ、2010年以降の急激な悪化ぶりは、それ以前とは事情が違う気がしていて・・・
前から「或る可能性」について考えていたのですが、このライブ映像を見て確信に変わりました。

というわけで、まず、ご覧いただきましょう。2011年7月8日Teresinaでのショーの模様です。

投稿者も動揺したのか(?)ビデオ内のタイトル間違えていますが、Heroes of Sandです。
で、「或る可能性」については、あくまで憶測なので、続きは追記で。
まず、最初に一言。

「マイクに向かってゲップしてんじゃねーぞ、このヤロー」

まぁ、私が思うに・・・
酔ってますよね?この人。

「そんな事ないでしょ!」という方に、この日の別の曲も聴いてみてくださいな。

さぁ、いよいよ始まりました。出だしは良い感じです!
おやおや?いつの間に?   ・・・何故なんだ、闇夜にサングラス


別の角度から、もう一度


登場時から、ちょっとヘンです。


別の角度から、もう一度


他にも・・・
Angra-Awake From Darkness Teresina 2011

Angra-Waiting Silence Teresina 2011

Nothing to say Teresina 2011 Angra

Rebirth Angra Teresina

ああ、無事?終了ですかね。

ところで、この人、Nova Eraの出だし、何処で歌っているんでしょう?

という事で、別の角度からもう一度

う~ん。どうもよくわかりませんが、舞台の外に貼り付いていたみたいですね。


で、2010年以降の急激な悪化ぶりの原因、私の結論としては、
この頃からの不調の特徴、徐々に悪くなるのではなくマシな時とひどい時の差が大きい(良い時は無い)
+腹の出具合を見て、咽喉の問題じゃなく、じゃないかな、とは思っていたんですが・・・
やっぱり・・・ですかね?

酒浸り酒太りぽっこりお腹酒灼けガ~ラガラ・・・ 

ううう・・・ (ノω・、)
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 09 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive  RSS

 
 
プロフィール

森野水月(もりのみずつき)

Author:森野水月(もりのみずつき)
絵が描けないのに漫画を描こうと思い立った森野が、へこたれながら絵の練習をするうち、何故か鉛筆画にはまってしまって、いろいろ素材を見つけては模写しまくる今日この頃。
ちなみに漫画は、まったく上手くなりません。

 
 
森野水月がらくた置き場
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ここに登録しています
ランキングは不参加ですが・・・
 
 
 
全記事表示リンク
 
 
検索フォーム
 
 
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.