百川学海(ひゃくせん がっかい)

山を見るだけで動かない丘ではなく、海をめざし流れる川になろう。・・・だけど海は遠すぎる(しくしく)

 

 

元祖と本家のRunning Alone(Angra)

弾き語り名人でAngraのギタリストでもある ・・・じゃなくて、
Angraのギタリストで弾き語り名人でもあるラファエルさんが、
2001年のアルバム『リバース』収録の名曲「Running Alone」をアップしていたので・・・



いやぁ、相変わらず良いお声、ついでに素敵なお鬚でございます。
ちょっと演出やり過ぎでは、ですって?
ラ、ラファエルさんに向かってなんてことを・・・ お黙り!
良いじゃないですか、薪をくべた暖炉。
こっちじゃ汗だくだけど、あちらは寒いんですな。
で、キャンドルが揺ら揺ら・・・ えっと・・・ ロマンチスト?

ニューアルバムのメーキング動画を見てみたら、なんと!
ここ、ラファエルさんの親の家の居間だったんですね。
この家を借りてメンバー泊まり込みでアイデアを出し合って、曲作りに励んでいたようです。
(↑このあたり、長くなるので別記事で)

part.5の8分辺りからバックにラファエルさんの歌声が聞こえていて、
曲作りに参加しない事に対し、フェリペとブルーノがぶつぶつ言っています。
ラファエルさん、リーダーなのに、マイペース・・・
ところで、    ・・・・・・もう二人いたのでは?

あと、曲が始まる前に何かしゃべっているけど、さっぱりわからん、と思っていたら
字幕が付いていて、この曲への思いを語っていたんですね。
ボーカルとベースとドラムスが抜けてしまった時の心境をこめ
去っていった仲間たちへ問いかけている歌のようです。(8/21補記)


ちなみに、こちらでも「Running Alone」やってます。



いやぁ、どどどどど・・・ってところが、ものすごく好きなんですが、
きっちりラファエルがフェリペのどどどどどを踏襲してくれていますね。
音楽の事良く知らないんで、なにを今更、って感じなんでしょうが、
これ、クラシックギターのトレモロみたいに、人差し指、中指、薬指ではじきまくっていて
見ているだけで右手の指がつりそうです。
お疲れ様です。
あと、なにを今更再び、って感じですが、六弦だけどベースです。
もう四弦のベースってほとんど使う人いないのかな。

あ、そうそう。こちらのラファエルのお鬚も、ちょっとヤギさん風で素敵です。

ちなみにこちら、元アングラのドラマーのアキレスとボーカルのエドゥが組んで、
「Rebirth of Shadows Tour」というのをやってるんですね。
(この辺り、長くなるので別記事で書いてみようかと・・・)

参考までに、こちらの「Running Alone」も・・・




そんな中、ついにアングラが新しいアルバムの制作に取り掛かったようです。


何を言っているのかさっぱりわかりませんが、
レコーディングのためにスゥエーデンに向かったようです。
ブルーノとフェリペとラファエルさんの姿しか無いのですが、
マルセル・バルボーザとリオーネは後から来るんでしょうか。

ちなみに、調度、メガデスがスゥエーデンでコンサートやっているんですが・・・
まぁ、別に関係無いですね。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 09 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive  RSS

 
 
プロフィール

森野水月(もりのみずつき)

Author:森野水月(もりのみずつき)
絵が描けないのに漫画を描こうと思い立った森野が、へこたれながら絵の練習をするうち、何故か鉛筆画にはまってしまって、いろいろ素材を見つけては模写しまくる今日この頃。
ちなみに漫画は、まったく上手くなりません。

 
 
森野水月がらくた置き場
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ここに登録しています
ランキングは不参加ですが・・・
 
 
 
全記事表示リンク
 
 
検索フォーム
 
 
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.